【紅茶の成分とは?】健康に効果のある成分についてわかりやすく解説!

当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

食べ物・飲み物

紅茶の健康に効果のある成分

紅茶には、タンニンの一種であるカテキンが含まれています。カテキンは渋みの成分です。紅茶の葉は、緑茶の葉を発酵させたものです。この発酵の過程において、カテキンから紅茶の赤茶色をつくるテアフラビンとテアルビジンができます。この2つの物質はポリフェノールの一種です。

すなわち、紅茶に含まれるカテキンは、その生成過程でほとんどテアフラビンとテアルビジンに変化します。そして、色が濃い紅茶ほど、多くのテアフラビンとテアルビジンが含まれています。

このうち、テアルビジンについては不明な点が多いそうです。また、紅茶には、コーヒーに比べて少ないですが、カフェインも含まれています。

紅茶のテアフラビンの効能

カップにそそいで、飲む段階の紅茶には、ポリフェノールとして、テアフラビンとテアルビジンが多く含まれています。テアルビジンの効能については明らかにされていませんが、テアフラビンには、次のような効能があります。

アフラビンには、ウィルスが人間の細胞に侵入することを防ぐなどの感染防止の効果があります。すなわち、紅茶は、風邪やインフルエンザを予防するうえで効果的です。また、テアフラビンには殺菌作用もあります。そのため、細菌による下痢や食中毒を防止する効果もあります。

テアフラビンには、糖の吸収を抑えて、血糖値が上昇するのを抑制する効果があります。また、コレステロール値を下げる効果もあります。すなわち、血液中のコレステロールを減少させて、動脈硬化による脳卒中などを予防することができます。

また、テアフラビンには、強い抗酸化作用もあるため、老化の防止にも期待されています。そして、がん細胞の増殖を抑制する効果もあると言われています。

ポリフェノールは体に良いと聞くけど、

テアフラビンは感染予防や殺菌作用もあるから、

まるで薬のようだね!

紅茶のカフェインの効能

カップにそそいで飲む紅茶のカフェインの量は、同様のコーヒーの半分くらいですが、カフェインには次のような効能があります。

カフェインは、中枢神経を刺激して血液の循環を促進します。そのため、エネルギーの消費が高まり、代謝も上がります。さらに、脂肪の燃焼も促進されることになります。

カフェインには眠気を覚ます効果がありますが、摂り過ぎると不眠症になる可能性があります。さらに、疲労を和らげる効果もあります。

カフェインには、利尿作用や発汗作用を活発にして、体内の老廃物の排出を促進する効果があります。同時にむくみを軽減することも期待できます。ただし、摂り過ぎると、脱水症状を引き起こす可能性があります。

また、カフェインには血管を収縮させる作用があります。そのため、脳の血管が拡張することによって引き起こされる頭痛を和らげる効果もあります。

紅茶のまとめ

このように、紅茶には、健康に良い様々な効能がありますが、即効性があるわけではありません。毎日、習慣的に飲むことによって、効果があらわれてきます。

また、紅茶を大量に摂取すると、カフェインなどの成分によって副作用が起こることもありますので、注意が必要です。

では、適量とはどのくらいでしょうか?1日にティーカップで3杯くらいが良いと言われています。レモンティーやミルクティーなど、是非美味しい紅茶を楽しんでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました