【オーカス(AUKUS)!】オーストラリア、英国、米国の安全保障協力!わかりやすく解説!

当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

国際

オーカスの設立

オーカス(AUKUS)とは、オーストラリア(Australia)、英国(The United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、米国(The United States of America)の3か国による安全保障協力の枠組みのことです。Australia(A)、United Kingdom(UK)、United States(US)のそれぞれの頭文字をとってAUKUS(オーカス)と呼んでいます。

2021年9月15日、米国のバイデン大統領、英国のジョンソン首相、オーストラリアのモリソン首相は、オーカスの設立について共同声明を発表しました。オーカスは、3か国によるインド太平洋地域での安全保障協力の新たな枠組みです。

オーカスについて、バイデン大統領は「3か国間の安全保障協力における新たな段階」、ジョンソン首相は「新たな3か国間の防衛パートナーシップ」、モリソン首相は「強化された3か国間の安全保障パートナーシップ」とそれぞれ表明しました。

オーカスの設立の目的

その目的には、オーストラリアが原子力潜水艦(原潜)を配備するのを米国と英国が支援することも含まれています。両国はすでに原潜を運用しています。これに加えて、オーストラリアが原潜を配備して、運用することになれば、米国を中心とする3か国は、インド太平洋地域において安全保障上の能力を高めることができます。

オーストラリアは、当初、フランスと

原潜建造契約を締結していたけど、

オーカスの設立によって、

この契約を突然破棄したので、

フランスは相当憤慨したらしいよ。

また、オーカスの協定には、自立型無人潜水艦、長距離攻撃能力などの軍事技術や人工知能(AI)、サイバーセキュリティ、量子コンピューターなどの最先端技術の開発や協力が含まれています。このように、オーカスは、安全保障面において、3か国が幅広い協力を推進していくことを目的としています。

オーカス設立の背景

3か国は、インド太平洋地域において、中国による安全保障上の脅威が拡大していることを踏まえ、これに対抗するうえで、利害が一致しました。これが背景にあります。

オーストラリアは、中国による戦狼外交(恫喝や報復などを用いる攻撃的な外交スタイル)や南太平洋への軍事的な進出に対して、脅威を強く感じています。そのため、自国の防衛意識が高まりました。

米国は、同盟国などと協力して、中国の軍事的な動きに対抗することを考えています。そのため、米国は、オーストラリアが、原潜の配備などによって防衛力を拡充するとともに、両国の同盟及び協力関係を深めることを歓迎しています。

また、英国は、EUを離脱してから、アジア太平洋地域の国々との経済関係について関心を深めています。そのため、この地域において中国が影響力を拡大することを懸念しています。、それを抑える狙いがあります。

そして、このような中国の動きを懸念している日本も、オーカスの設立を支持していることを表明しています。

オーカスの進展

2023年3月、米国のバイデン大統領、英国のスナク首相、オーストラリアのアルバニージー首相が、米国のサンディエゴ海軍基地においてオーカスの会談を行いました。そこでは、2027年から、米国と英国がオーストラリアの海軍基地に原潜を定期的に寄港させること、

2030年代前半に、米国は、オーストラリアに3隻のバージニア級原潜を売却すること(さらに、2隻を追加して売却することも可能)、英国のロールスロイス社製の原子炉を使用するとともに、3か国による最先端技術を駆使して、新しい艦隊を創設することが発表されました。

原潜保有の意味

現在の原潜保有国は、米国、英国、フランス、中国、ロシア、インドの6か国です。原潜を保有している国は、潜水艦に関する技術的な能力が高く、安全保障面で特異な抑止力を有しています。

原潜は、原子炉で加圧した蒸気でタービンを回して発電します。これにより、モーターを回転させたりします。原潜は、退役するまで核燃料棒を取り出す(交換)する必要はありません。

すなわち、原潜は、活動している限り、潜航し続けることができますが、乗員の精神面の負担や補給(食料等)の必要性を考慮すると、70日程度の潜航が限度と言われています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました